なんでインフルエンザ

人気記事ランキング

ホーム > PMS > PMS(月経前症候群)とは何か

PMS(月経前症候群)とは何か

女性は月経が始まる前後になると女性ホルモンのバランスが崩れやすくなっており、イライラ・腹痛・眠気・頭痛など症状やその重さには個人差があるものの、様々な不快症状を感じることがあります。そして月経が始まると症状が落ち着くことが多くなっているのですが、このような症状群の事を総称してPMS(月経前症候群)と呼ばれています。

PMS(月経前症候群)の最大の特徴は症状に個人差があるのは勿論なのですが、症状が毎月安定していないというところも挙げられています。これは女性ホルモンのバランスやその人の体質・当日の体調などが複雑に関連していることが原因だと言われていて、月によっては症状を感じることがないということもあれば動くことができないほど重度の状態になると言う場合もあります。特に月経周期が安定していない思春期などの若い女性の場合は症状が安定しない事が多くなっており、日常生活に支障をきたすケースも少なくありません。出典:pms対策.com

また原因が女性ホルモンのバランスが崩れる事であるため、月経が始まるなど女性ホルモンのバランスが安定すると症状が落ち着くと言うところも特徴のひとつです。そのため症状が見られるのは月経が始まる1週間から2週間の間に多いと言われています。