なんでインフルエンザ

人気記事ランキング

ホーム > 不眠 > 不眠症の原因と対策

不眠症の原因と対策

不眠症とは寝付きが悪い、朝早く目覚めてしまうといった症状のことを指し、寝付きが悪い入眠障害、睡眠中に何度も目が覚める中途覚醒、しっかり眠ったという満足感がない熟眠障害、朝早く目が覚める早朝覚醒の4タイプに分かれます。これらは年齢、性別、季節、個人差によって原因は様々ですがストレスや身体の病気、環境の変化や生活リズムの乱れが主な原因と考えられています。

不眠症の解消方法としてまずあげられるのが、就寝と起床時間を一定にすることです。平日と週末を合わせ一定の時間で就寝と起床を繰り返すことで生活リズムを整えていきましょう。また起床して太陽の光を浴びる事も大切です。他にもぐっすり眠ることができるように適度な運動をしたり、ストレス解消をするために気分転換をしたりしましょう。出典:不眠症の改善方法.jp

また、就寝前にはぬるめのお湯でゆっくりと入浴をしてリラックスしたり、コーヒーを飲むのを控えることもおすすめです。寝室も快適に眠ることが出来るように、湿度や温度を調節してみましょう。寝酒は眠りが浅くなりやすく途中で目が覚めたり、朝早く目が覚めることが多いため、お酒に頼らずに自分だけの入眠儀式をみつけリラックスした状態で眠りにつけるようにしましょう。