なんでインフルエンザ

人気記事ランキング

ホーム > 尿酸値 > プリン体と尿酸値の関係とは

プリン体と尿酸値の関係とは

人間の体は常に新陳代謝を繰り返しています。具体的には古い細胞が死に新しい細胞が生まれるという、生きていくうえで欠かせないサイクルであり、この古い細胞が死んでいく過程において、遺伝子構成物質であるプリン体という物質が代謝の対象であり分解され、その結果の老廃物が「尿酸」と呼ばれるものです。尿酸はこのように量産され、そして尿・汗・便などと共に体外に排出されるという両方のバランスが一定量の範囲で維持されています。また、急激な運動・乱れた食生活などによって体内化合物ATP(エネルギー)が大量に一気に消費された場合に、尿酸が増え、尿酸値が上がることになります。他にも食物摂取(レバーなどの内臓や魚卵、乾物など)により取り入れたプリン体が尿酸生成の要因にもなっていますが、尿酸全体の約80%は体内に存在するプリン体から作られていることが分かっています。出典:尿酸値を下げる.jp

尿酸値は、血液中の尿酸の濃度のことであり、一般的に男性の方が高い傾向にあります。女性はエストロゲン(女性ホルモン)の作用により、尿酸の体外排出促進がなされているためで、閉経後にはその作用がなくなるので尿酸値が上昇していきます。尿酸値が高いと、通風・腎機能障害・尿路結石・高血圧などを引き起こす原因になることもあります。