なんでインフルエンザ

人気記事ランキング

ホーム > 血糖値 > 糖尿病を予防するお茶

糖尿病を予防するお茶

糖尿病を予防するために、お茶が効くという説があります。

お茶にはたくさんの種類がありますが、それぞれに健康効果を持つ成分が多く含まれていることもあり、カロリーもほぼゼロに等しいものが多いことから糖尿病予防にはおすすめです。

また、特に糖質の吸収を抑えてくれる働きを持つ成分を多く含んだお茶もありますので、糖尿病が心配な人は積極的に飲んでみるとよいでしょう。

 

今最も注目されている糖尿病予防のお茶といえば、サラシア茶ではないでしょうか。

血糖値を下降させることが、世界保健機構にも認証されているほどの成分がサラシアです。出典:血糖値下げる方法.jp

サラシアにはサラシノールという成分が含まれ、糖の分解や吸収を抑えてくれるのです。

また、日本人が慣れ親しんできた緑茶も、糖質を吸収しにくくする働きがあるといいます。

これは、緑茶に多く含まれるカテキンの効果です。

カテキンを多く含む緑茶を飲んでみるのもよいですが、緑茶にはカフェインが多く含まれるので注意が必要です。

 

他にも、ギムネマ茶にはインスリンの分泌を抑制する働きがあるといわれています。

ギムネマに含まれるギムネマ酸という成分が、腸内で糖質の吸収を防いでくれるのもメリットです。

インドでは、古来から糖尿病予防のお茶として飲まれてきたそうなので、試してみる価値大ですね。

桑の葉茶に含まれるデオキシリノジリマイシンという成分も、糖の分解を防いで吸収を遅らせてくれます。

分解されずに済んだ糖は腸をそのまま通過するので、血液中に余分なブドウ糖を吸収させずに済むのです。

インスリンによく似た働きをするというコロソリン酸が含まれたバナバ茶も、糖尿病予防に効果的です。