なんでインフルエンザ

人気記事ランキング

ホーム > 離乳食 > 離乳食の食材は安全第一で

離乳食の食材は安全第一で

 

離乳とは、母乳やミルクを飲んで育ってきた赤ちゃんが、少しずつ形や固さがある食べ物に慣れて、だんだん食事を食べられるようにする過程のことで、その時食べさせるものが離乳食です。

 

 

 

赤ちゃんにもそれぞれ個性があり、成長のスピードが違うので、ひとりひとりに合わせた進め方が大切です。

 

 

 

赤ちゃんが5、6ヶ月くらいになって、首がしっかりすわり、支えてあげると座れるようになったり、スプーンなどを口に入れても押し出すことがなくなったりする様子がうかがえたら、離乳食を開始してもいい時期になります。

 

 

 

いざ離乳食を始めるといっても、気をつけなければならないことがたくさんあります。

 

 

 

知っておかなければならないのは、赤ちゃんには危険な食べ物があるということです。

 

 

 

食物アレルギーの発症の危険や、消化能力の未発達、免疫の未発達などから与えてはいけない食べ物や、控えた方がいい食べ物があります。

 

 

 

それらの知識をきちんと把握することが大切になります。

 

 

 

また赤ちゃんの離乳食には、放射能汚染や残留農薬、危険な食品添加物や遺伝子組み換え原料などが含まれていない安心できる食材で食べさせてあげたいと考えます。

 

 

 

買い物をするスーパーで安全なものをひとつずつ確認しながらは大変ですし、誤表示などの問題もあります。

 

 

 

信用できるものが少なくなり、安全な食べ物がわからなくなります。

 

 

 

そのような時に、厳しい安全基準と検査をクリアした食品だけを宅配してくれるサービスが最近ではでてきました。

 

 

 

そういったサービスを利用する方法もあります。

 

 

 

安心を願う親にとって心強い味方で、情報もたくさんあるので、しっかり学ぶことが重要です。【即効】赤ちゃん便秘の5つの解消法をお試しあれ!